2010年01月25日

民主議員、小沢氏問題の報道に「誤報」指摘 法相はあっさり否定(産経新聞)

 民主党の伴野豊副幹事長が21日午前の衆院予算委員会で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地購入事件に関する一部報道を「誤報ではないか」とただす場面があった。だが、千葉景子法相は「(法務省側が)誤報だと回答したことはないと承知している」とあっさり否定。小沢氏擁護ともとれる質疑は一瞬にして終わった。

 伴野氏が取り上げたのは、読売新聞の20日付夕刊が報じた「小沢氏 4億円不記載了承」「石川容疑者が供述」との見出しがついた記事。逮捕された衆院議員の石川知裕容疑者が小沢氏の事件関与を供述したという内容だった。

 伴野氏は質問の冒頭で突然、「非常に重要な情報を確認したい」と述べ、「読売新聞の記事は誤報だと法務省刑事局が答えているという。もし誤報なら読売新聞に抗議していただけないか」と述べた。

 伴野氏は、千葉氏が否定しても「いずれにしても、当局にしっかりと調査してほしい」とクギを刺した。民主党内では検察側が報道機関に情報をリークしているとの批判が高まっており、「捜査情報の漏洩(ろうえい)問題対策チーム」を発足させているが、党内の暴走は止まらないようだ。

【関連記事】
「まるで圧力団体」民主、検察&メディアに“あの手この手”
小沢氏資産の大半は妻名義 剛腕支える和子さんは「女丈夫」
当局牽制? 民主、可視化法案提出探る
「確認書」日付を偽装 陸山会土地所有権
小沢氏、事態沈静化に自信「形式犯なので…」

小沢幹事長 「包み隠さず申し上げた」 聴取後に会見(毎日新聞)
「小沢氏、幹事長とどまれば批判起こる」前政権お膝元の福岡県知事(産経新聞)
<鮒市>1日限りの市に掛け声響く 佐賀・鹿島(毎日新聞)
郵便不正事件 27日に村木被告の初公判(産経新聞)
影響力ある指導者ランキング、小沢氏が世界3位(読売新聞)
posted by zobc3bdmm9 at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

「アバター」が作品賞、監督賞の2冠−米Gグローブ賞(時事通信)

 【ロサンゼルス時事】米アカデミー賞の前哨戦とされる、第67回ゴールデン・グローブ賞(ハリウッド外国人記者協会主催)が17日発表され、SF大作「アバター」(ジェームズ・キャメロン監督)がドラマ部門の作品賞と監督賞の2冠に輝いた。
 同作品は未知の惑星「パンドラ」を舞台に、惑星の先住民と彼らの遺伝子を組み込んだ分身(アバター)をつくって資源採掘に乗り出した人類の戦いを描いた。昨年12月に世界公開されたばかりだが、話題の3次元(3D)映像技術と好調な興行収入にとどまらず、今後の受賞レースも注目される。
 また、ミュージカル・コメディー部門の作品賞は、歓楽街ラスベガスで独身最後の男性らの酔狂ぶりを描いた「The Hangover」(トッド・フィリップス監督)が選ばれた。 

【関連ニュース】
【特集】ギターの達人〜超絶技巧の世界〜
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕往年の海外ムービースター

<診療報酬不正受給>山本被告が保釈に(毎日新聞)
「参院選にマイナス」小沢氏行脚に地方組織戸惑い(読売新聞)
小中学生の患者の割合が再び増加―新型インフル(医療介護CBニュース)
<訃報>松本勉さん78歳=水俣病市民会議事務局長(毎日新聞)
<通常国会>18日から150日間 「政治とカネ」野党追及(毎日新聞)
posted by zobc3bdmm9 at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

<寒波>北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析(毎日新聞)

 気象庁は昨年12月半ばから欧州や北米、アジアなど北半球を襲っている寒波について、北極圏で寒気が蓄積と放出を繰り返す「北極振動」という現象が原因とする分析を発表した。ここ30年間で最も強い寒気の放出が1カ月以上続く状態で、日本にも大雪をもたらしている。寒気の放出は弱まってきているが、北極振動は予測が難しいといい、気象庁は引き続き注意を呼びかけている。

 気象庁によると、先月16日以降の最低気温は、ポーランド・ワルシャワ氷点下19.2度(平年値は氷点下5度)▽ノルウェー・オスロ同17.9度(同6.5度)▽ソウル同15.3度(同6.7度)▽ベルリン同14.4度(同1.3度)−−など各地で30年に1度の異常低温となった。積雪はワシントンで41センチ、ソウルでは26センチを記録した。

 北極振動は北極圏で寒気が蓄積と放出を繰り返す現象。放出が続いているのは、北極圏の気圧が高く、中緯度帯の気圧が低い状態が維持され寒気が流れ込みやすくなっているため。寒気放出の強さは比較できる79年以降で最も顕著だという。

 北極振動のメカニズムは解明されておらず、寒気の放出が強まった原因ははっきりしない。今後について、気象庁気候情報課は「数日程度で寒気の放出は収まるとみられるが、その後再び放出される可能性もある」としている。【福永方人】

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
スキー場:雪たっぷり 絶好のコンディション 岐阜・郡上
気象庁:今冬は平年並みの寒さ 「予想外だった」と説明
大雪:新潟県内で1日に100センチ
悪天候:各地で大雪や強風 日本海側は14日も大雪

自民に新グループ=山本元金融相ら6人(時事通信)
<落とし物>「魔が差した」交番巡査19万円横領容疑(毎日新聞)
神奈川県の不正経理14億円、5年間で(読売新聞)
レーシック被害 複数患者の菌一致 「手術で感染」疑い強まる(産経新聞)
日韓外相会談 日米韓連携強化などで協議(毎日新聞)
posted by zobc3bdmm9 at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。