2010年01月25日

民主議員、小沢氏問題の報道に「誤報」指摘 法相はあっさり否定(産経新聞)

 民主党の伴野豊副幹事長が21日午前の衆院予算委員会で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地購入事件に関する一部報道を「誤報ではないか」とただす場面があった。だが、千葉景子法相は「(法務省側が)誤報だと回答したことはないと承知している」とあっさり否定。小沢氏擁護ともとれる質疑は一瞬にして終わった。

 伴野氏が取り上げたのは、読売新聞の20日付夕刊が報じた「小沢氏 4億円不記載了承」「石川容疑者が供述」との見出しがついた記事。逮捕された衆院議員の石川知裕容疑者が小沢氏の事件関与を供述したという内容だった。

 伴野氏は質問の冒頭で突然、「非常に重要な情報を確認したい」と述べ、「読売新聞の記事は誤報だと法務省刑事局が答えているという。もし誤報なら読売新聞に抗議していただけないか」と述べた。

 伴野氏は、千葉氏が否定しても「いずれにしても、当局にしっかりと調査してほしい」とクギを刺した。民主党内では検察側が報道機関に情報をリークしているとの批判が高まっており、「捜査情報の漏洩(ろうえい)問題対策チーム」を発足させているが、党内の暴走は止まらないようだ。

【関連記事】
「まるで圧力団体」民主、検察&メディアに“あの手この手”
小沢氏資産の大半は妻名義 剛腕支える和子さんは「女丈夫」
当局牽制? 民主、可視化法案提出探る
「確認書」日付を偽装 陸山会土地所有権
小沢氏、事態沈静化に自信「形式犯なので…」

小沢幹事長 「包み隠さず申し上げた」 聴取後に会見(毎日新聞)
「小沢氏、幹事長とどまれば批判起こる」前政権お膝元の福岡県知事(産経新聞)
<鮒市>1日限りの市に掛け声響く 佐賀・鹿島(毎日新聞)
郵便不正事件 27日に村木被告の初公判(産経新聞)
影響力ある指導者ランキング、小沢氏が世界3位(読売新聞)
posted by zobc3bdmm9 at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。